松野 純子

~1~ の惑星

Junko Matsuno

~The planets of ~1~.

会期:2021年6月4日〜6月27日

会期中の金土日のみ開廊

12:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

会期:2021年6月4日〜6月27日

会期中の金土日のみ開廊

12:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

松野 純子

Junko Matsuno

松野 純子

Junko Matsuno

CV

経歴

  • 1978

    三重県生まれ
    Born in Mie, Japan

個展

  • 2020

    はじまるのはじまり (TS4311/東京)
    Beginning of the Beginning (TS4311/Tokyo)

  • 2018

    松野純子展 (TS4312/東京)
    Junko Matsuno Exhibition (TS4312/Tokyo)

  • 2016

    松野純子展 (TS4312/東京)
    Junko Matsuno exhibition (TS4312/Tokyo)

受賞

  • 2015

    SHIBUYA AWARDS 2015 大賞
    SHIBUYA AWARDS 2015 Grand Prize

  • 2015

    第10回大黒屋現代アート公募展 入選
    The 10th Daikokuya Contemporary Art Competition, Honorable Mention

  • 2014

    タグボートアートフェス2014 グランプリ
    Tugboat Art Festival 2014 Grand Prix

会場風景

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

作家コメント

目には見えないけどそこにあるもの。
変化し続けるもの。
曖昧な境界…。
探している確かなものは見つからないかもしれないけれど、
ただ言えることは不確かなことが確かであること。
ただそこにあること。

松野 純子

Things that are not visible but are there.
Things that keep changing.
Ambiguous boundaries....
You may not find the certainty you are looking for.
But what I can say is that what is uncertain is certain.
It's just there.

Junko Matsuno

作品リスト

ギャラリーコメント

作家は薄墨などの塗料を画面の上に落とし、偶然に出来た飛沫の総てに細いペンで自分のイメージを埋めていく、気の遠くなるような作品を作る。
偶然と必然を一体にとらえることにより、万物に宿る見えない力の可視化を追求している。必然と偶然のバランスの追求でもある。
作家は、フォログラム塗料を定着させるべく工夫をこらし、琳派的な美を作り出している。

TS4312店主 沢登 丈夫

A female artist splashes paint, such as thin ink, on the screen from above and fills in the accidental droplets with her own image using a thin pen. It's a mind-boggling work.
She pursues the visualization of the invisible power that resides in all things by taking chance and necessity as one.  It is also a pursuit of the balance between inevitability and coincidence.
She devised a way to fix the phorogram paint to the base of the painting. The result is a beauty similar to that of the Rimpa school.

TS4312 curator Takeo Sawanobori

お問い合わせ