松野 純子

松野純子個展「まだ何ものでもない」

Junko Matsuno

Junko Matsuno. Solo Exhibition

会期:2022年10月7日〜10月30日

会期中の金土日のみ開廊

13:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

会期:2022年10月7日〜10月30日

会期中の金土日のみ開廊

12:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

松野 純子

Junko Matsuno

松野 純子

Junko Matsuno

CV

経歴

  • 1978

    三重県生まれ
    Born in Mie, Japan

個展

  • 2021

    ~1~ の惑星(TS4312/東京)
    The planets of ~1~

  • 2020

    はじまるのはじまり (TS4311/東京)
    Beginning of the Beginning (TS4311/Tokyo)

  • 2018

    松野純子展 (TS4312/東京)
    Junko Matsuno Exhibition (TS4312/Tokyo)

  • 2016

    松野純子展 (TS4312/東京)
    Junko Matsuno exhibition (TS4312/Tokyo)

受賞

  • 2015

    SHIBUYA AWARDS 2015 大賞
    SHIBUYA AWARDS 2015 Grand Prize

  • 2015

    第10回大黒屋現代アート公募展 入選
    The 10th Daikokuya Contemporary Art Competition, Honorable Mention

  • 2014

    タグボートアートフェス2014 グランプリ
    Tugboat Art Festival 2014 Grand Prix

作家コメント

三重県の大自然と共に育った私は、幼い頃から自然が生み出す偶然性や刹那的な現象に、それ自体がまるで意思を持った生命であるかのような感覚がごく当たり前にありました。そして身近な人の死をきっかけに命の不確かさ、ものの実体についての探究心がいっそう強くなったように思います。
偶然と必然、自然と人工、一瞬と永遠という論理的に矛盾するもの同士を同等に扱うことによって、ものの存在や生死についてどう捉えるか考えるきっかけを作りたいと思っています。

松野 純子

Growing up in the wilderness of Mie Prefecture, it was natural for me from an early age to feel the coincidences and ephemeral phenomena of nature as if they themselves were life with a will of their own.
The death of someone close to me has made me even more inquisitive about the uncertainty of life and the reality of things.
By equating the logically contradictory things of chance and necessity, nature and artifice, the momentary and the eternal, I hope to create an opportunity to think about how we perceive the existence of things and life and death.

Junko Matsuno

作品リスト

ギャラリーコメント

作家は墨を激しく和紙にぶつけ,その飛沫の染みの中に細いペンで、作家の思いの模様を描いていく。気の遠くなるような作業である。偶然できる飛沫に、対して自分思い描く模様との微妙な関係の作品を作り続けている。
最近は墨でなく、高粘度の塗料を激しくぶつけて出来た凹凸のある飛沫全てにフォログラム塗料で覆い、そこに極細のペンで自身の模様を描く。偶然と必然の素晴らしいバランスが出来上がる。

TS4312店主 沢登 丈夫

The artist violently strikes the Japanese ink against the washi paper, and in the droplet stains, the artist draws his own pattern with a fine pen. It is a daunting process. He continues to create works that show the subtle relationship between the accidental splashes and the patterns he envisions.
Recently, instead of using black ink, he has been covering all the uneven droplets created by violently hitting them with high-viscosity paint with phorogram paint, and then drawing his own patterns on them with an ultra-fine pen. The result is a wonderful balance of coincidence and inevitability.

TS4312 curator Takeo Sawanobori

お問い合わせ