亀井 佐知子

Colony

Sachiko Kamei

Colony

会期:2022年8月5日〜8月28日

会期中の金土日のみ開廊

13:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

会期:2022年8月5日〜8月28日

会期中の金土日のみ開廊

12:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

亀井 佐知子

Sachiko Kamei

亀井 佐知子

Sachiko Kamei

CV

略歴

  • 2017

    慶應義塾大学環境情報学部卒業

  • 2021

    東京藝術大学油画科入学

展示

  • 2017

    展示(hotel RYURO/tokyo)

  • 2018

    個展(gallery35/kyoto)

  • 2019

    個展(TS4312/四谷三丁目)

  • 2021

    個展(TS4312/四谷三丁目)

受賞

  • 2017

    2017年度優秀卒業プロジェクト受賞

  • 2018

    茅ヶ崎美術家協会展入選(茅ヶ崎美術館)

  • 2022

    久米桂一郎賞受賞(東京藝術大学)

作家コメント

群。個・粒が塊になり、一つの系をなす。ある目的を持っているかのように動くそれは、”すぐ隣”に対する模倣と反応から生まれる。
生き物は反応の集積である。私は独立した個体でありながら、私が誰なのかは、周りが何かで決まる。

亀井 佐知子

A colony. It is the crowd that gathers and makes one system. It that moves as if they have one purpose is shaped by imitation and the reaction to “neighbor”. 
All living things are an accumulation of reacting. While I am an independent individual, who I am determined by the neighborhood.

Sachiko Kamei

作品リスト

ギャラリーコメント

作家は「その眼で」、「Reflection」、「脱線図」と変革しつつ一貫して生命を描いている。既に完成しつつあった作家は、絵画を考え直すと突然昨年芸大に入り、新たな出発をはたした。作家は今回のテーマ「colony」で生命の不思議を描いている。こんなのが絵になるのかというテーマに果敢に取り組んでいる。

TS4312店主 沢登 丈夫

The artist has been consistently painting life, changing his style with "With His Eyes," "Reflection," and "Derailed Figure". Having already completed his work, the artist suddenly entered the University of the Arts last year to reconsider painting, and made a new start. In "colony," the artist paints the wonder of life. He is boldly tackling a theme that is difficult to be turned into a painting.

TS4312 curator Takeo Sawanobori

お問い合わせ