西垣 肇也樹

「海トモ山トモ知レナイガ、」

Hayaki Nishigaki

Annulus Of Uncertain

会期:2021年8月6日〜8月29日

会期中の金土日のみ開廊

12:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

会期:2021年8月6日〜8月29日

会期中の金土日のみ開廊

12:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

西垣 肇也樹

Hayaki Nishigaki

西垣 肇也樹

Hayaki Nishigaki

CV

経歴

  • 1985

    兵庫県生まれ
    Born in Hyogo

  • 2012

    京都造形芸術大学大学院修士課程芸術研究科芸術表現専攻修了
    M.F.A. Painting, Kyoto University of Art and Design

個展

  • 2014

    個展「和泉屋旅館×西垣肇也樹」 和泉屋旅館/京都
    “KYOTO Izumiya Ryokan x Hayaki Nishigaki” Izumiya Ryokan (Kyoto)

  • 2018

    個展「不覚のオープンワールド」 TS4312/東京
    “Wonderland Open World” TS4312 (Tokyo)

  • 2020

    個展「Artist-in-Residence 加茂なす vol.003 西垣 肇也樹」AIR加茂なす/京都
    “Artist-in-Residence vol.3 Hayaki Nishigaki” AIR KAMONASU (Kyoto)

受賞

  • 2016


    Kyoto Exhibition (Kyoten) 2016, Suda Prize

  • 2017


    Shibuya Awards 2017, Grand Prize, SNBA Award

作家コメント

映画やアニメで定番の青春夏休み。小学生として生かされ続けるキャラクター。幾度も転生するアイドルグループとは何か。どうも高度経済成長の終焉とともに、日本人の中には同じ時に居座る感覚が生まれてきたらしい。そしてその世界観は、今では日本人のアイデンティティーとなっています。これを、誰かはストレスの逃避地として享受し、誰かは現実と対比させ社会問題として扱い、わたしは終わりの見えない無限ループ=桃源郷として表現しています。

西垣 肇也樹

Youth summer vacation is a staple in movies and anime. A character is kept alive as an elementary school student. What is an idol group that reincarnates over and over again? Apparently, with the end of the high economic growth, a sense of staying in the same time was born in the Japanese people. And that worldview has now become the identity of the Japanese people. Some people enjoy this as an escape from stress, others contrast it with reality and treat it as a social problem, and I describe it as a Shangri-La, an endless loop with no end in sight.

Hayaki Nishigaki

作品リスト

ギャラリーコメント

作家は元々油画出身。それが水墨画の新ゴジラでブレーク。それ以来水墨画の世界にいる。
そして、ドンドン古い日本文化、神話の世界に入っていく。
日本発のキャラクターゴジラの眼を通して日本の伝統的な水墨画の様式で日本の文化、社会問題を見ている。
文字を使って絵を描くなどして既成の水墨画の世界に新しい息吹を与えている。
よく見ると絵の中にいろいろなキャラクター、思いが描き込まれている。それを見つけるのも面白い。楽しんでいるようでもある。

TS4312店主 沢登 丈夫

The artist originally came from oil painting. His breakthrough came with the newink painting. Since then, he has been in the world of ink painting.
Since then, he has been working in the world of ink painting, and has entered the world of old Japanese culture and mythology.
The artist looks at Japanese culture and social issues through the eyes of Godzilla, a character from Japan, in the style of traditional Japanese ink painting.
The artist has given a new life to the existing Japanese ink painting by drawing pictures with characters.
If you look closely, you will find various characters and thoughts drawn into the picture. It is interesting to find them. He seems to be enjoying himself.

TS4312 curator Takeo Sawanobori

お問い合わせ