高松 次郎

ドローイング展

Jiro Takamatsu

Drawing exhibition

会期:2022年11月4日〜11月27日

会期中の金土日のみ開廊

13:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

会期:2022年11月4日〜11月27日

会期中の金土日のみ開廊

12:00〜19:00(最終日のみ17:00まで)

高松 次郎

Jiro Takamatsu

高松 次郎

Jiro Takamatsu

CV

略歴

  • 1936年2月20日 - 1998年6月25日

  • 1954

    東京藝術大学絵画科(油画専攻)に入学。在学中は小磯良平に師事

  • 1958

    第10回読売アンデパンダン展1959、1961、1962、1963年に出品 1960年代以降の日本におけるコンセプチュアル・アートに大きな影響を与えた。

  • 1962

    山手線事件

  • 1963

    中西夏之、赤瀬川原平芸術集団ハイレッド・センターを結成

  • 1980

    1800年代に登場する「形」シリーズからは作品に飛躍的な展開

  • 1968

    多摩美術大学専任講師

  • 1972

    1972年から1974年 東京藝術大学にて美術学部油画科非常勤講師

  • 1981

    「十代の会」の発起人の一人[1]として同会創立に参加。

作品リスト

ギャラリーコメント

今回の展示は高松次郎の1970年代のドローイング作品です。
「形」シリーズと云われる、記紀、アンドロメダなどの神話シリーズの基になる作品群で、大変貴重の作品です。是非ご覧ください

TS4312店主 沢登 丈夫

TS4312 curator Takeo Sawanobori

お問い合わせ